日本人 日本人 Français Français English English Nederlands Nederlands Deutsch Deutsch Español Español
« 我々はいつの日かラファエルとフェルメールがすでに絵画におけるすべてを発見していたということに気付くだろう”1945年サルバドール・ダリ »
コピー Vermeer de Delft
フェルメール絵画の複製品専門ウェブサイト 
絵画のサイズ:
フェルメールの精神と彼が意図したくつろいだ雰囲気を保つために、複製の寸法は実物と同一となっています。縦横の長さは暗箱カメラによってあらかじめ規定されていたと言われており、その比率は全ての絵においてほぼ等しいものとなっています(cf Alain Decaux, L’astronome)。フェルメールは「光のしずく」を描くためにすりガラスに投影されたイメージから着想を得ていたそうです。コピーに使用しているキャンバスはプロの家具職人によるオーダーメイドの木枠に張られています。

顔料・塗料の準備 :
塗料は石の上で8の字を繰り返し描きながら乳棒で2度に分けて砕き、少量に分けてチューブに詰めます。その日の分だけを準備することもあります。使用結合剤:焼き亜麻仁油、酸化鉛クルミ油、塗装用ニス、生亜麻仁油、スパイクラベンダーエキス等。群青色顔料についての詳細は“Outremer : broyage et formulation”(Thierry Moutard-Martin)へ。

顔料:
フェルメールは画家として活動するなかで様々な顔料を使用していました。私は、鉛白色、インディアンイエロー、鮮紅色、深紅色、緑青色、レモンイエロー、藍色、朱色、群青色(合成)、そしてチリ・アフガニスタン産の瑠璃色(純群青色)等の顔料を使用して彼の時代の色調に近づけています。

キャンバスの準備:
動物性糊を用いた準備の際にはFlammarion出版社の“La technique de la peinture à l’huile”(Xavier de Langlais)をご参照ください。
連絡を取ります :電話 : +33 (0)6 35 45 48 24
電子メール : mickael.leroy@copy-vermeer.com
お問い合わせ。
ゲストブック。